体験記 夏休みの自由研究(印刷工場見学&体験)

プロローグ

 夏の終わりに毎年繰り返される親子の会話

 親 「宿題終わったの?」

 子 「読書感想文と自由研究が・・・」

 読書感想文はさておき、自由研究はテーマを選ぶのも大変。

 そんな問題も「メーカーズチケット」なら簡単に解決(笑)

 最近、何かとスポットライトが当てられる日本の「ものづくり」に関連した工場見学や体験を

 見つけることができ、人とは違う自由研究のテーマを考えることができるのです!

 

 早速、子供に「メーカーズチケット」のサイトを見せて選ばせて見ると

 「なんにでも」「どこにでも」印刷できる仕組みについて知りたい!というこで

 株式会社安心堂さんの印刷工場に決定!

 

 その後の工場見学までの流れは以下になります。

 ① 工場に電話して日程を調整する。・・・工場の方は皆さん親切だから大丈夫

 ② 印刷したいデザインを事前に入稿する。・・・詳しくは工場の方と相談

 ③ 事前に調べたい事をメモしておくように伝える・・・自由研究についたサイトを参考に

 

 デザインは我が家の家紋(丸に違い鷹の羽)に!

この体験ができるチケット

 なんでもくんデータ印刷(サイズ大) 5,000円×1枚(子供)
 印刷工場見学(印刷物のお土産)  1,000円×1枚(付き添いの親)

まずは印刷の仕組みから

 工場に到着し、挨拶を終えると、社長自ら簡単に印刷の仕組みや独自の工夫について説明してくれます。

 

 とても温和な雰囲気の社長で、子供にも優しく接してくれます。

 豊富な人生経験で「仕事を長くつづけるコツ」等のありがたいお話もしてくれます(笑)。

 事前に入稿したデザインの確認をします。

 ルイ・ヴィトンのモノグラムは日本の家紋をモチーフにしたとのマメ知識も教わりました。

版をつくる工程の見学

 ここからは実際の体験

 最初に印刷するための版を実際につくるところを見せてくれます。 

 まずはデザインを印刷したフィルムを版となる金属板に貼り付けます。

 布団圧縮袋の要領でフィルムと版板を密着させた後に

 デザインを印刷した(黒い)部分以外に紫外線に当てて固めて

 紫外線を当てなかったデザイン部分を水で洗うと溶けて凹凸ができるらしい。。。なるほど

 乾かしたら版の完成

 この間10~15分ぐらい、あっという間でした。

実際に印刷してみる

 版が作り終わったところで安心堂さんが誇るパッド印刷機「なんでもくん」が登場

 家紋といえばゴールドということで、事前に伝えた希望の色を調合してくれました。

 「なんでもくん」を使ったパッド印刷体験 力加減に多少コツはいるけど、本当に簡単ですね。

 続いて「どこでもくん」も登場!   基本的な仕組みは一緒なのね(笑)

 「どこでもくん」でランドセルに印刷

 インクは時間が経てば経つほど固くなって落ちないそうです。

 

エピローグ

 あっという間に時間は過ぎて最後に社長と社長の奥さんと記念撮影(笑)

 

 帰りは某回転ずしやさんにて食事して帰りました。

 そこで今日の感想と見通しを聞いたところ、とても楽しかったし、良い自由研究が書けそうとのこと。

 数日後。。。

 

 毎年課題となる自由研究はなんとお盆前に完成したのでありました。メデタシ!メデタシ!

おまけ(作品集)

 ランドセル以外にも色々と印刷してみました。今回印刷したものも紹介します。

 どちらかという黒金(仏壇カラー)と渋い感じにしあがりました(笑)

 

 

(R&D部 白木)